くぼゆみ の もう1人のわたし日記

50歳になる節目の年、はじめて体験した女装をきっかけに、わたしの中のもう1人が目を覚ましました。そんなもう1人のわたしの女子的生活の日々を綴った実録日記です。

はじめまして

はじめまして。くぼ ゆみ と申します。
今日から、はてなブログをはじめます。
どうぞ、よろしくお願いします。

今回が、ブログを初めて最初の記事投稿になりますので、
このブログを始めようと思った理由を綴ってみようと思います。

私は、もうすぐ50歳になる中年男性です。
最近、人生100年時代と言われていますね。
そう、今ちょうど、私は、折り返し地点です。
先日、ふと、あ〜気付けば、もう半分まで来たのか~。
残り半分を今までの延長で、ただただ平凡に過ごし、
いずれ、仕事をリタイアして、余生を過ごす。
そんな、ありふれた形で終わっちゃって
良いのかなぁ?と思ったのです。
残りの人生、何かやり残した、
という思いが残ったりしないように
生きたいなぁと…

そこで、唐突に思い浮かんだのが
『 わたし 女装をしてみたい』という気持ち。
唐突と書いたものの、実は、唐突でも無かったりします。
というのも、社会人になりたての頃、
仕事のストレス発散に『女装してみたいな』
という思いが芽生えた事があり、
たまたま、そんな時に、
ニューハーフの人と飲む機会を得たのです。
その方とお話をしてみて、
その世界に踏み出すかどうか考えました。
"童顔で、きっと化粧したら似合うよ~"と言われ、
どうしよう チャレンジしようか?やめようか?と考え...
でも、その当時は、まだ人生経験も浅く、
度胸もなく、結局は、躊躇して 踏み切れませんでした。
その後、時は流れ、結婚し、子供もでき、
仕事を続けているうちに、この年まで、
その思いは、心の奥にしまい込んだまま生きて来ました。
3年ほど前に、家庭で大きな問題が起き、
その対応に、人生最大のストレスフルな日々を過ごす事になりました。
そして、この春にようやく、その問題にある程度の区切りがついて、
新しい生活が始まり、この所、ようやく 生活が落ち着いてきました。
そんな折、ちょうど50歳を前にして、
今後の人生を思い始めた時、長い間、心の奥にしまい込んで忘れていた
この思いが、よみがえってきたのです。

その思いが生まれた20代の頃と世の中は変わり、
最近は、女装という行為の認知度が上がり、
ネットやマスコミも話題に取り上げたり、
世間がその事に、寛容というか、
ひとつの世界として認める空気が出来てきている気がします。
そのため、第一歩を踏み出すための敷居が下がったと感じています。

そう、今なら、その世界にわたしも踏み出せそう。
本当なら、こんな歳のおじさんになる前の方が良かったのだけれど、
人生 そう思い通りのタイミングに事は起こりません。
でも、思いが膨らんできた今こそが、
そのタイミングなのだとしたら、
歳は関係なくチャレンジしてみたい!と思いを決めました。
その時、こんな大きなチャレンジなら、
なにか記録に残そうかな、と思い至り、
日記のような感じで、ブログに記してみよう、と考えたのです。
それがこのブログを始めてみようと思ったきっかけです。

これから始まる もう1人のわたしが覚醒(?)
するかもしれない日々を綴っていってみたいと思います。
どう展開していくのか、自分でもワクワクしています。

これから、どうぞ、よろしくお願いします。

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
この記事やブログが気に入っていただけたら
こちらのバナーをクリックして下さると嬉しいです♡♡
↓↓↓

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村